様々な使い道に対応できるのが魅力です

安いバナースタンドの使い方

お店を出したり何かのイベントの時に必要とされるのがバナースタンドです。比較的サイズも大きい看板のような役割をしますので、目立たせたいときにはとてもお役にたつものです。しかしよく見てみると、バナースタンドには値段に大きな差があります。安いものから高いものまで。いったい値段の違いにより何が違うのか、そして安いバナースタンドはどんなときに使うと良いでしょう。
安いバナースタンドは基本的にはサイズが小さめで耐久性に劣る部分があります。ですので室内で行うイベントのコマーシャルとしては良いのではないでしょうか。室内であれば風に当たったり雨に当たることもないので耐久性は気にすることもありません。そして遠くにも見えるようにという必要もないので、多少小さくても申し分はないのです。そしてイベントの期間が短いものに対しては、これも安いバナースタンドで対応できます。
長く使うことがないので、短期間だけもってくれれば良いのです。そしてとりあえずお試しで使ってみたいというときも、とりあえず安いもので良いと思います。どんなものなのかを知るために参考として安いものを使ってみてはいかがでしょうか。このように安いバナースタンドは利にかなった使い方があるのです。

タイムリーな告知にバナースタンド

店前を通行する人々を自店に興味を持たせることは集客に大事なことで。店頭に看板を置いて業種業態や屋号を訴求しますが、そのサブ的情報を告知し入店を促すすことに力を発揮するのがバナースタンドです。
看板は一度製作すると次に作り変えるまでに同じ内容の告知が続きます。折角優れた内容の告知をしてもいつでも同じではその看板が風景化して誰も見なくなります。その看板の弱点をカバーするのがバナースタンドです。バナースタンドのプリントバナー部分は簡単に付け替えができるのでタイムリーにそのときそのときに合った内容を告知できます。
たとえば終日営業している飲食店であれば朝食、ランチ、ディナーとその時間にあったプリントバナーにて訴求することで入店に繋げます。
バナー部分は一般的にはテントなどに使用さるターポリンというビニールシートのようなものを使いますがこれは看板業者や大手のプリントショップ等でプリント製作できます。
プリント出力したものの四隅に引っ掛け穴をハトメ加工したものをバナースタンドの取り付けアームに引っ掛けて使います。バナーの大きさは本体によって掲出可能サイズは違いますが大判看板の主流サイズが掲出可能なものも多くあります。バナーは㎡単位の価格設定が多いようでこれにハトメ加工料金がプラスされます。
バナースタンドはお店がいつも何か動いていることを訴求することに優れた販促ツールです。

イチオシ

デザイン自由自在!効果的な集客を見込めます

続きを読む

リーズナブルにプリントできるからおサイフも安心

続きを読む